行動を起こす刺激

結果は行動の連続で達成されるものであるというのはほとんどの人がそうだと考える真実だと思います。

例えば、現在月収が10万円の人、100万円の人、1000万円の人色々いると思いますが、この金額(結果)の違いは行動の違いから引き起こされます。

そして、ほとんどの人は今の月収が数倍、数十倍にならないかと思案する事と思います。

しかし、現実にそうなる人というのは一握りです。

結果は行動の連続で達成されるものであるというのが真実であれば月収10倍にする事もそのための行動をすれば必ず達成されるはずです。

特に月収100万円とか、月収1000万円とかいう数値は実際に達成している人がいる金額で、月収1兆円とか明らかに不可能な金額という訳ではないからです。

では、なぜそういった状況で、現実にそうなる人というのは一握りなのかというと、単純にほとんどの人は妄想するだけで行動しないからです。

行動するだけで結果は出ますが、この行動が実は難しいのです。

何をやっていいか分からなかったり、面倒臭かったり、時間がなかったりなど、自分を伸ばすための行動には苦痛を伴う感情が多いからです。

ゆえに、古典的ですが個人的には「根性」とかいう特性は目標達成には必要だと思っています。

今の自分のレベルを超えなければ、より高い目標は達成出来ないので、つらかったり大変なのは当たり前だからです。

ただ、単純に根性を出せと言われても難しいと思うので、人生でご自身がこの根性を見せたなと思う瞬間を思い出すとその出し方のコツが分かるのでお勧めです。

私の場合で言うと、学生時代の部活動だったり、会計士の受験時代だったりと、当時は意識していませんでしたが、今思い返すと、毎日朝から晩までサッカーだったり、勉強だったりを限界まで追い込んでしていて根性を出していたなと思います。

そして、この根性を出していた頃を思い返すと、必ず目標とする人や、ライバルや仲間などがいた気がします。

つまりは、自分で根性を出しているつもりでも、知らぬ間に他人から影響を受け出させられているといった具合です

ゆえに、ビジネスや投資などを1人で出来る環境であったとしても、他人との繋がりを一切断つというのは、実は根性が出にくい状況だったりします。

よって、ビジネス仲間や投資仲間と会って刺激をもらったり、コンサルなどをする事により自分が追い込まなければいけない状況を作ったりして、私の場合は今もこの根性を出す土壌作りというのを実は重視しています。

オンラインかオフラインかは問わず、結果を出している人というのはこういう他人からの刺激を受ける環境作りが上手いと人だと思っているので、中々行動が出来ないなという人は、是非一人で考えるのではなく、他人と会って、刺激をもらう事をお勧めします。

この「他人」というのは、自分が目指している人などでなくても、つまらない会社の飲み会などでもよいと思っています。

そこで、やっぱりここから抜け出したいななどという負の感情でも、行動の刺激になる事は多々あるからです。

関連記事

ページ上部へ戻る