FXで勝ち続ける人と負ける人の違い

今日は、FXで勝ち続ける人と負ける人の違いについて書きたいと思います。

いくつかあるのですが、今日書くのはその中でも最も大きいと私が考える要因です。

結論から書くと、それは異常相場を意識したトレードを出来ているかどうかです。

相場はどの時間軸であっても上下動を繰り返すので、上がったら売り、下がったら買いなどの基本戦略である程度どこで入っても利益を出すこと事が可能です。

そのため、FXでは9割のトレーダーは負けると言われたりしますが、日々のトレードを見ると勝っている人が9割ぐらいではないでしょうか。

すなわち、勝つ事と勝ち続ける事はFXでは全く違います。

トレードで勝つ事は簡単ですが、勝ち続ける事が難しいのです。

ゆえに、FXで勝っていると自分は勝ち続けられるトレーダーだと勘違いします。

その勘違いにより、コツコツドカンをやります。

では、この勝ち続けるトレーダーとはどういうトレーダーかというと、9割の人がコツコツドカンをやりがちな異常相場の時にも資金を減らさずに勝てるトレーダーの事です。

例えば、ドル円で1日に動く平均値幅がそれまで0.5円だった時にその日だけ3倍の1.5円急に相場が動いたとします。

この時に今日も0.5円ぐらいまで上がってきたから売りで入ろうと思って売りで入ると損が一気に膨らむ訳ですが、こういった時に9割の負けるトレーダーはパニックになります。

つまりは、冷静な判断が出来なくなり、神頼みの無限ナンピンを繰り返したりします。

その結果傷口が広がり、それまで何ヶ月にも渡って積み上げてきた利益を全て吹き飛ばすような大きな損失を出すコツコツドカンをやります。

さらには、その翌日もその時の損を取り戻そうと冷静さを欠いて無茶なトレードに終始し更なる損失を被ります。

これにより、もう精神が崩壊しトレードは稼げないと諦めて退場していきます。

一方、勝ち続けるトレーダーというのは、いつもと違う異常相場が来る事を毎日想定してトレードしています。

異常相場が来たらどうしようという事を常に考えています。

ゆえに、実際に来てもパニックを起こさず想定通りに対応する事により、損を最小限に抑えたり、逆にそういう皆が損を出しまくっている時に大勝ちしたりします。

ここに勝ち続けるトレーダーかどうかの境界があります。

すなわち、日々の結果では勝ち続けるトレーダーかどうかというのは分からず、こういう異常相場の時に判明するという事です。

以前も言及しましたが、私はもう記憶にないぐらい1日単位で負けたという経験をした事はなく、コツコツドカンというのも経験した事はありません。

それは、上記の通り常に異常相場を意識したトレードをしているからです。

だからこそ、ロットを大きくしても怖くはありません。

具体的には、毎日シナリオを構築する過程で、サポレジというここに来たら反転するという線を引くのですが、ある水準を超えたら異常相場になる可能性があるので、決めつけないという領域も毎日必ず設定しています。

そして、実際にこの異常領域に入った時にポジションを持って入れば損切りしますし、

異常領域に入りそうかどうかというのはそれまでのロウソク足の動きで分かる事も多いので、そもそもポジションを持たない事も多いです。

さらには、異常相場になると、その揺り戻しも大きくなるので、いっぱいいっぱい上がりきったもしくは下がりきったところで大ロットで入りいつもより多く稼ぐ事も多いです。

慣れると呼吸するぐらい当たり前の事なのですが、この異常相場への対応策を常に頭に入れてトレード出来ているかどうかが、勝ち続けられるトレーダーか否かの境目だと考える次第です。

異常相場を頭に入れずにトレードする事は有りえませんので、毎日のトレード戦略を構築する際は、ここを超えたら異常相場だなどの領域を常に意識してそうなったらどうするという事も頭に入れてトレードする事をお勧めします。

関連記事

ページ上部へ戻る