私が損切りをしないで済んでいる理由

昨日「FXで勝ち続ける人と負ける人の違い」というテーマで記事を書き、それは常に異常相場を意識出来ているかどうかというような事を書かせて頂きました。

ここで、異常相場というのは、普段0.5円しか動いていなかったドル円相場が1.5円動くというような値幅の大きさで昨日は表現させて頂きましたが、この見た目で分かりやすい値幅だけでなく、自分のトレードルール(シナリオ含む)を逸脱したら、見た目的に異常相場でなくとも、自分の中では異常という事になります。

さらには、普段はやらず見た目的に異常相場の時にしかやらないトレーダーの場合には、一般の人にとっての異常相場がその人にとっては普通という事になります。

つまりは、異常相場かどうかというのはあくまで自分のトレードルールに照らして異常かどうかで、何が異常かは杓子定規に定義する事は出来ません。

そして、相場というのは人間の心理に基づきランダムウォークで想定以上に上がりすぎたり、想定以上に下がりすぎたりというのはよくある事です。

ゆえに、唯一絶対の勝てる法則がある訳ではなく、どんなトレードルールにおいてもこの異常領域というのは存在します。

よって、「損切り」という行為をしなければならない事もありますし、相場に合わせてトレードルールを変化させ、ロット管理などにより、あるトレードルールで異常となったものを別のトレードルールを持って来て正常の範囲に納めるなどの作業をする必要があります。

私は、損切りをほとんどしませんが、これは上記の異常相場の話を前提としつつ、以下の絶対的な普遍な相場の原則も活用しているからです。
・上がったものを必ず下がる(下がったものは必ず上がる)
・下がり過ぎたところから更に下がる事もあるし、上がり過ぎたところから更に上がる事もある

相場というのは、どんな時間軸のどんな投資対象物の相場でも上がったものを必ず下がるし下がったものは必ず上がります。

これは、100%です。

ただ、問題はいつその相場反転が来るかですが、ある程度の予想は出来るものの、その予想を超えて上昇したり下落したりする事もあるのが相場です。

ゆえに、この相場の2つの原則をを前提にロット管理を行います。

つまり、これ以上上がったらもうダメだとかこれ以上下がったらもうダメだという瞬間を作らないという事です。

買いで入っていたら上がって欲しい訳ですが、下がっても買い増ししてより利益を増やせるので下がってもいいというようなフラットな状態を常に作るという事です。

予想より上がり過ぎたり、下がり過ぎたりする事が当たり前のようにあるのが相場なので、これより上がったらダメだとか、これより下がったらダメだというような状況を作ってはダメという事です。

こういった状態を作らないようにトレードしているので、私は損切りをほとんどしません。

「ほとんど」と言っているのは1取引当たりでのマイナスはあるのですが、1日単位のトータルではプラスという事です。

一般的にこういうのは損切りをしていると言うのだと思いますが、私の中では損切りをしている感覚はなく、損切りをしないトレードだと思っており、表現が少し難しく「ほとんどしていない」というような表現を使っています。

今日の話はちょっと難しく感じる人もいると思いますが、トレードで勝ち続けるための
考え方の核心的な部分なので、トレードで上手く稼げないと思っている人は、思考の視点として是非参考にしてみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る