FXで勝つために必要な要素

今日は、「FXで勝つために必要な要素」というテーマで記事を書かせて頂こうと思います。

これは、FXで勝ち続ける事においては、核心を付いた内容だと個人的には考えています。

まず、結論から書くとFXで勝ち続けるために必要な要素は以下の3つです。
・ロット管理(リスク管理)
・メンタルコントロール
・相場分析能力

そして、上から順に重要な要素となります。

最初に、ロット管理(リスク管理)ですが、これがFXにおいては最も重要です。

FXで利益を上げるというと、様々な分析指標やニュースなどの情報を集めてこの先上がるか下がるかをどれだけ精緻に分析出来るかという事が重要だと思いがちですが、

これは正直二の次です。

ロット管理が出来ていれば、予測が外れてもトータルで勝ち続ける事が可能です。

ここで、
ロットというのは取引量の事で、ロット管理とは元本に比してどのぐらいの取引量でエントリーするのか、どれぐらいの間隔を開けて分割エントリーするのか、その時の量はどうするのかなどのエントリー、決済の位置を含めた玉(ロット)の配分方法の事を言います。

先日、上げ下げを繰り返すのが相場の不変の原則であるというような事を書きましたが、買いで入ってその後下げたとしも待っていればまた上がってきます。

ゆえに、下げた時にも、耐えうるロットで勝負していれば、待っていれば利益化出来るという事です。

さらには、分割売買などで、下がればさらに大きなロットでエントリーするなどの事により、最初にエントリーした瞬間から上がってしまうよりも、結果的に大きな利益を得られるというような事も多々あります。

そのため、FXが上手いかどうかはこのロット管理が上手いかどうかという事とニアリーイコールと言ってもいいぐらい重要な要素だと考えています。

次に、重要な要素として「メンタルコントロール」があります。

上述の通り、ロット管理が上手ければ負けません。

ただし、いつ上がるか、いつ下がるかという事をピンポイントで予測する事は出来ないので、保有している間含み損の時間はあり、そういった時に感情で売買してしまっては、折角もう少し待っていれば利益が出たものが、損で終わってしまうという事もあります。

また、保有時間が長く精神的に疲弊してしまっているような場合は冷静な判断がしにくくなるなと判断し、本来決めていた利食いポイントなどより早く決済し、仕切り直すという判断をする場合もあると思います。

すなわち、機械ではない人間がやる事なので、感情の起伏がどうしてもありますが、出来るだけそれらをトレードに影響させないようなかたちで、エントリーや決済などトレード判断をする必要があり、このメンタルのコントロールもFXで勝つためには重要な要素となります。

最後に、「相場分析能力」です。

相場分析能力とは、その名の通り、今後相場が上がるのか、下がるのかを分析指標などを使って解析する能力です。

ロット管理やメンタルコントロールがしっかり出来ていれば、負けにくくはなりますが、

この相場分析能力を高める事により、相場の反転位置や、ロット管理の質も上がり、利回りが高くなります。

又、下がってもいつか上がるのが相場ですが、分析能力を高める事により、いつ反転するかを読んでエントリーしたりする事により、含み損の期間が短かったり、利食いポイントまですぐに到達するようになるなど、玉を保有する期間が短くなるので、メンタルコントロールにも寄与します。

以上3つが私が考えるFXで勝つために必要な要素となります。

相場分析手法などは書籍などでもある程度学ぶ事は出来ますが、メンタルコントロールやロット管理などより重要な要素になればなるほど、そういった所では学べずやりながら、技術や経験を蓄積してレベルアップしていく必要があります。

どんな分野でも差が出るのは、こういった言語化しにくい無形知のところなので、やはり継続してやり続け学んでいくしかありません

日々考え、改善改良を繰り返し、1日も休まずやり続ける。

シンプルですが、これが物事を習得するには最良の方法であると考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る