人から否定されるという事

人は多かれ少なかれ承認欲求を持っているので、人から否定される事を嫌います。

しかし、この否定をされた時に、その否定を冷静に受け止め、自分の糧に出来るかどうかが成長への分かれ道だと個人的には考えています。

というのも、何か物事を習得しようと思えば、今の自分のレベルを超えていく必要があり、今のやり方を否定するところから始めなければ修正点が見えて来ず、抜本的な改善には繋がらないからです。

さらには、大人になればなるほど否定してくれる人は少なくなってくるので、大人になってから生活や人生が変わる人が少ないというのもこういった事が一つの理由としてあると考えています。

例えば、私は公認会計士という職業を以前していましたが、それを捨てて毎日が日曜日のような今の自由な生活を手に入れています。

これは、資格よりも自力で稼ぐ力を付ける事の方が真の安定であるというそれまでの私の考え方を否定するような考え方に触れた事がきっかけでした。

そのため、現状を変えたいと思えば、自己の否定というのが大事であり、誰かが否定してくれる環境があればよいですが、そうでない場合には自分の考えを絶対だとは思わず、自分と違う考えに触れた場合に、自分が違うのではないかという視点から客観的にその考え方なり意見を捉えてみると、自分が進化するための新たな発見に繋がる事も多くお勧めです。

ただ、何でもかんでも取り入れれば言い訳ではなく、自分が参考になるなと思うものだけです。

例えば、副業をやっていない人の副業のアドバイスを聞いてもその否定は羨ましさから来る根拠のない否定が多いでしょうし、FXをしていない人からFXを否定されてもそれまた根拠がない訳です。

そうではなく、先人からの否定のアドバイスが貴重という事です。

そして、副業をやった事のない人からの副業のアドバイスなどは危ないから辞めた方がいいなどの楽な意見である事が多いです。

一方、先人からのアドバイスというのは、今自分が身につけていない知識や技術、経験のアドバイスである事が多いので、頭を使ったり行動したりしなければならない事が多く苦しい事ばかりです。

この時、楽な方に流れたり、否定されたりする事を過度に嫌うスタンスだと、一向に正しい道を進めない可能性が高くなってしまうので、

こういった時は往々にして大変だと感じる事が多いですが、大変な時が伸びる時でもあるので、踏ん張って頑張る事をお勧めします。

逆に、今否定される事が少ないなという人は、直接の「人」でなくとも、書籍や何らかのメディアからでも自分の考え方を否定するような意見を取り入れる事は出来るので、自分のイエスマンばかりを周りに固めるのではなく、むしろ優秀な人から否定されるような環境を作った方がよいと考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る