一番稼げる性格とは

相場は人の楽観や恐怖などの感情で動いているとよく言われたりしますが、自分自身の事やお教えさせて頂いているコンサル生を見ていても、トレードは性格が現れるという事は実感しています。

ビジネスも基本同じですが、細部への詰めが甘いどんぶり勘定型の人は、コツコツドカンをしやすいです。

逆に、慎重タイプの人は、資金は失わないものの、稼ぎの絶対額が中々伸びなかったりします。

一番、稼げるのは基本的に慎重で緻密であるが、チャンスの時は勝負に出る事が出来る勇気を持てる人です。

もちろん、この勇気というのは無鉄砲な勇気ではなく、知識や経験に裏付けられた勇気です。

この絶妙なバランスが稼ぐ事においては、重要です。

もう少し具体的に書くと、細部への詰めが甘いというのは、アマゾン転売の場合であれば仕入れはじゃんじゃん出来売り上げも上がるが、滞留在庫が積み増されるようなタイプの人です。

トレードで言えば、大きなロットでもどんどん勝負出来るが、適切な損切りが出来ず、1度や2度の取引で資金を失うような人です。

こういうタイプの人は大きく勝負するという勇気があるところはよいですが、もう少し事前に緻密に計算し分析するなどの作業を意識的にするとよいです。

逆に慎重タイプの人というのは、アマゾン転売の場合であれば滞留在庫などは少ないものの、仕入れる商品を厳選し過ぎて仕入れの絶対額が少ないような人です。

トレードで言えば、利回りはよいものの、利益額が小さいような人です。

こういうタイプの人は、知識や技術は持っているので後は勇気を持つ事です。

具体的には、仕入額やロットを増やして取引する事を意識して、取引量を上げていく感覚に徐々に慣れていく事です。

こういう人に対してよくアドバイスするのが、私は副業時代貯金が100万円ぐらいだったが、カード枠が200万円あり、アマゾン転売の初月から200万円分仕入れたという経験を話します。

もちろん、無闇に手持ち現金以上に目一杯仕入れている訳ではなく、それまでのヤフオク転売の経験などから、ほぼ確実に儲かるという目算が立っていたからです。

アマゾン転売の時にも、仕入れが怖くて中々出来ないというタイプの人がいましたが、トレードでも全く同じでロットを上げるのが怖いという人がいます。

ゆえに、ビジネスでもトレードでも性格が取引に現れるというのは共通だと思っています。

逆に、仕入額やロットは増やせるものの、緻密さに欠けるような人に対しては、メールの書き方一つでも細かなところを指摘するようにしています。

というのも、緻密さに欠けるというのは、注意が散漫になっている事が多く、重要な細部を気にしていなかったり、見逃していたりする事が多いからです。

元々持っている性格というのは中々変えづらいものもありますが、ビジネスやトレードで稼ぐという事においては、時には強制的にそれらを修正していかなければいけない場合もあるので、仕事の時だけでも、タイプに応じて、緻密さを持つ事を意識したり、勇気を持つ事を意識したりすると、稼ぎの額も増えていくと考える次第です。

関連記事

ページ上部へ戻る