2019年はFX1本で行きます!

12月に入り今年も残りわずかとなり、来年に向けて色々と思案し計画を立てている人も多いかと思います。

個人的には来年は表題の通りFX1本で行こうと決めました。

もちろん、現状やっている物販などは運営のために最低限の事はやりますが、新規では何もやらずFXに全ての時間を捧げます。

この決断をしたのには2つの理由があります。

まず、1つ目が自分自身の成長具合です。

FXについては、約3年取り組んでいますが、ここに来てゾーンに入ってきたというか、収益額だけでなく、相場の動きへの理解度などが急激に高まってきていると感じており、こういう調子が良い時は全力でアクセルを踏むとその後一気に突き抜けるというのがこれまでの経験則で分かっています。

ゆえに、それに従い行けるところまで来年は行こうと考えました。

次に、業界全体のマクロ環境です。

私は、2018年はFX以外にもアマゾン転売、ネット通販、株、仮想通貨などもやってきました。

これらは、それぞれに業界があり、知人/友人や教えている手前コンサル生などもおり、その状況を常に肌感覚で感じています。

私自身ここ1年感じたのは、アマゾン転売については、少し前にも書きましたが、副業として市民権を得て来て大衆に周知されるようになってきたため、以前にも増して優秀な個人が参入してきています。

よって、変化に常に柔軟に対応出来るような強い個人は稼ぎを伸ばしていますが、今までと同じやり方をやっているだけでは、思うように稼ぎが伸びず、むしろ稼ぎが減っている人が多い印象です。

数年前までは誰でもやれば稼げるような状況でしたが、完全に競争が激化しており、債務超過で破産なんていう話もチラホラ聞きます

まぁ、数年前までが異常な状態でこういう競争原理が働くような今の状態が正常なのだと思いますが、この競争激化がこれからは企業も巻き込みさらに加速していくと考えています。

ゆえに、アマゾン転売だけをやっている場合には平均的にはジリ貧になっていくと考えており、年々その戦いが苦しくなっていくと思っています。

よって、組織化して大規模にやったり、販路を広げたり、ネットショップで自分独自のお客さんを捕まえたりと、これまでの個人転売の王道からの差別化を図る事が必須になってくるでしょう。

そして、私自身はこの状態を4年前ぐらいから既に予測しプラットフォームへの依存を避けようと化粧品のネット通販をやってきました。

これはこれで、考え方としては正解なのですが、昨年ぐらいからこのネット通販の事業には一部上場の大手企業なども参入してきており、前は個人がやっていたニッチな商品も大手がやるようになってきたので、前ほどは旨味のある分野ではなくなってきた印象です。

この分野で個人が戦うには焼畑農業的な感じで、大企業より早くニッチな分野を見つけ稼ぎ、大企業が参入してくる前に刈り尽くし、その次の商品にいくぐらいのスピード感覚が求められます。

よって、この分野で成功するには、どうしても組織化が必須となるでしょう。

同じような事をやっている人たちを見ても、生き残っている人は組織化して、社員を抱え、事務所を構えやっている人が多いです。

ゆえに、大規模に物販をやるという感じになりますが、個人的には在庫リスクを抱えたくなく、また社員を雇った組織化というのは自由が奪われるので性に合いません。

さらには、物販事業だけをやると考えた場合はよいですが、資産を構築する事が一番の目的だとすれば、他の分野も含めその時々で稼ぎやすい分野、時流に乗っている分野などは変遷していくので、規模が大きくなればなるほど個人と比べ動きは鈍くなりそういった時流に乗り遅れる可能性があります。

そう考えるとここを突き詰める延長に自分の理想はないと考えました。

なお、ここ1年物販をやっている人は何か稼ぎが思うように伸びないや、むしろ減って来たと感じている人も多いと思います。

が、これを自分の努力が足りなかったからだという結論のみで片付けない方がよいです。

上記のような理由で競争が激化しているという理由が大きいかと思います。

ゆえに、過去だけを見るのでなく、現状を分析し未来予測をして来年を含めこれからの参入分野や取り組むべき事を決める事をお勧めします。

又、株については日経平均が年初は24000円程度でしたが、現在は21000円台と全体的に下がってきており、有名な株トレーダーなども資産を減らしている人が今年は多い状況です。

そして、現在の世界経済の状況や株高水準、景気サイクルなどを考えるとそろそろ景気後退の時期に入ってきてもおかしくはなく、株で資産を増やす時期ではないと考えました。

同じように仮想通貨も年初は240万円ぐらいあったビットコインの価格も今は40万円台になっており、一時の熱狂は冷め、景気後退などの時期と重なればこういったリスク資産への資金流入も減ってくると考えるのが自然です。

ゆえに、株も仮想通貨も2019年は現状維持で新しくはやりません。

そして、残ったのがFXで、上記の通り消去法でもFXが残りますが、個人的にはむしろ積極的な理由でこの分野に絞っています。

というのも、FXの短期トレードのマクロ環境は、今成長期に入っていると感じています。

なぜならば、月収1億円レベルの個人がザラに出て来ているからです。

私が知るだけでも数人います。

当然、私が知らない人もたくさんいると思うので、このレベル以上の人が数十人単位でいると推測しています。

これは、FXトレーダーのトレード技術が劇的に上がったという訳ではなく、マネーサプライが過去最高になっており世界の金余り状態が拡張しているからだと考えています。

というのも、お金というのは為替市場を通じて世界を行き来しています。

例えば、日本円で海外の不動産を買おうと思えば現地通貨に変換するでしょうし、海外旅行に行けば当たり前のように現地通貨に日本円を交換して使うと思います。

というように、為替市場にあるお金の中でFXトレーダーの資金なんて微々たるもので、その大部分は銀行を通じて個人や企業のとてつもなく大きなお金が動いている事で成り立っています。

この一部を、FXトレーダーはちょこちょこ取っているだけです。

その全体の流入量が年々多くなっているので、ちょこちょこ取れる額も多くなっているという訳です。

さすがに、私自身今すぐ月収1億稼げるとは思っていませんが、月収1億稼ぐ個人がいてもおかしくないとは思っており、その感覚は分かります。

さらには、好景気だろうが、不景気だろうがお金は常にどこかにはあり、世界を行き来しているため、為替市場が縮小するという事はなく(むしろ拡大し続けると思っています)、さらには短期トレードであれば上がろうが下がろうが関係ないので、好景気か不景気かというのも正直関係ありません。

ゆえに、来年景気後退に突入しようと日経平均が爆上げしようと、ライバルが参入してこようと鬼のように稼げる環境にあるのがFXという訳です。
*このFX無双状態はしばらく続くと考えています。

以上が私が2019年FX1本でいくと決めた理由です。

来年はFXで突き抜けます。

ゆえに、コンサルティングも来年はFXしかやりません。

来週辺りにこのFXの個別コンサルティングの募集をさせて頂こうと考えていますので、興味のある方は2019年一緒に突き抜けましょう!

私のFXの技術を余すところなく教えさせて頂きます。
(FX1本にやる事を絞ったので以前にも増しより濃いタイムリーな情報もシェア出来るかと思いますので興味のある方はお楽しみに)

関連記事

ページ上部へ戻る