やっと終わりました

昨日でようやく1/12から始まった約10日間の対面コンサルツアーが終了しました。

対面でお会いしお話させて頂くと、モチベーションが上がりましたというような事を言って頂く事が多く、限られた時間ではありますが、会って話すという効果は絶大です。

景気は人々の気持ちに左右されるなんて事が言われたりしますが、個人で結果を出す上でもこの気持ち(モチベーション)というのは、非常に重要だと考えています。

どんな時にもモチベーションフルマックスでがんがんこなす。

これです。

もちろん、やる分野において取り組み方は違うと思いますが、モチベーションを自分でキープしたり、高めたりするような生活や考え方を心がけると結果は大きく違うと思っています。

私は1年350日ぐらい毎朝カフェに行って仕事をします。

カフェに行かず、自宅で寝巻きで起きた瞬間から作業を開始した方が作業時間が長くなりそちらの方が効率がよいという考え方もありますが、私の場合は違います。

モチベーションを優先させます。

面倒でも着替えて、車を運転して、いつものカフェに行き、アイスコーヒーを飲みながら作業をする。

このルーティンをこなす事で、毎日朝からモチベーションマックスで仕事に取り組めています。

これが、自宅であれば、ダラダラしてしまったり、集中力が高まらなかったりするので、作業時間は長く取れるかもしれませんが、質はだだ下がりです。

これは、学生時代からで、自宅に勉強机はあったのですが、自宅で勉強をした記憶はほとんどありません。

近くの図書館だったり、予備校の自習室だったり、外に行って勉強している時間が99.9%でした。

ゆえに、客観的には非効率だと考えられても、私の中ではモチベーションがMaxに高まる生活習慣なのです。

又、私は従業員は雇わないという事を徹底していますが、これも自分のモチベーションを管理するためです。

というのも、誰かと一緒に仕事をするという事は自分の都合だけでは物事を決められません。

例えば、自分の仕事はないが、従業員の方が一生懸命仕事をしている最中に旅行に行くというのは、私は心情的に出来ないタイプです。

そのため、従業員を雇った方が、売上が伸びると思っても、メンタル的に下がるので雇う事はせず、一人で気楽にやりたいです。

これも、目先の利益ではなき、長期的にモチベーションを高くキープするための自分なりの施策です。

よって、中々モチベーションが上がらないと思う人は、自分がモチベーションが上がるルーティンを探す所からスタートしたりするのがお勧めです。

どんな分野でも継続すれば自然と結果は出るものだと考えており、結果が出ないのは継続が出来ないからです。

そして、この継続を支えるのがモチベーション管理のためのルーティンだと考える次第です。

P.S.
昨年、コツコツドカンしやすいコンサル生の話をしたのを覚えていますでしょうか?

その方は今年も私のコンサルティングを継続して受けて下さっているのですが、トレード日誌を拝見していると、ここ最近一気に相場観が付いてきたなと感じます。

昨年までは、う〜んちょっと考え方が違うんだよなと思う所も多かったのですが、最近は細かなエントリー根拠やその時々のトレードのシナリオなどを見ても、私も同じ場面で見てたらそう判断するなというトレードばかりになってきました。

毎日シナリオ配信という形で相場解説をしているのですが、その人のトレード日誌のコメントをそのまま解説に使ってもいいぐらい素晴らしい時が多いです。

こういうコンサル生の成長を見ていても継続というのは大事だなとつくづく思います。

私も慢心せず、謙虚な気持ちでFXをより極めます。

関連記事

ページ上部へ戻る