種を育てる

昨日のメルマガで人の成長の歩みの速度は3歩進んで2歩下がるようなイメージであるというような事を書きましたが、

こういった速度であっても1歩ずつ確実に目標には近づきます。

が、人によっては3歩進んで5歩後退してしまう人がいます。

これだと目標に辿り着くどころか、トータルでマイナスになってしまいます。

この違いは何なのかというと、稼ぐという事で考えれば稼ぎの種がしっかり自分の中で育っているかどうかの違いだと考えています。

最近はFXをメインにやっているので、FXの話題ばかり出して恐縮ですが、同じ100万円稼ぐという結果であっても、しっかりリスク管理しながら実力の元稼いだ100万円なのか、ハイレバで単なるラッキーパンチ的に稼いだ100万円なのかという違いです。

前者の場合には、リスク管理を徹底しての結果なので、その後損切りという多少の後退はあれど全損の後退はありません。

後者の場合には、言ってしまえばたまたまなので、リスク管理の技術が身についておらずその稼いだお金をすぐに溶かす可能性があります。

これはどの分野でもそうですが、短期的に結果が出るものというのは、簡単であり誰もが出来るのですぐにライバルが出現して飽和状態になり稼げなくなるか、上記の通りたまたまその時の相場がよく、ラッキーパンチ的に稼げたかのどちらかである事が多いです。

よって、長期的に安定的に大きく稼げるものというのは、それ相応の知識、技術、経験を積む必要があり、時間がかかるのが通常です。

これは、自分で経験がある人はよく分かると思います。

副業などで、今結果が継続して出ているものというのは、結果を出している人がおり、歴史のある分野ではあるが、最初は上手くいかなかったと思います。

私自身、最初の副業はヤフオク-ebayの転売でしたが、転売で結果が出るまでに1年ぐらいかかりました。

その後やった化粧品通販も今でも利益を上げてくれていますが、当時転売で200万円ぐらい稼ぐぐらいの物販の知識はありながら立ち上げまで1年ぐらいかかりました。
*収益が出て回るようになったのはそれからさらに半年後ぐらいです。

さらには、FXを今メインでやっていますが、株の頃から考えると短期トレードももう5年目です。

これぐらいに来てようやく、短期トレードで稼ぎ続けるというのはこういう事なんだなというのを理解してきた感じです。
*もちろん、続ければ続けるほど理解は深まるので、さらに5年後はもっと違う景色が見えていると思いますが。

というように、長期的に安定的に大きく稼げるものというのは、短期的には結果が出ず、さらには最初は難しく感じる事が多いものです。

よって、結果が出ないからすぐに諦めてしまうような感覚ではダメで、失敗などをしたらなぜそうなってしまったのかというのをネットで調べたり、自分で考えたり、時には人に聞いたりしながら検証して解決していく事が重要です。

それをやっていく事で徐々に知識や技術、経験が付いて自然とその物事が上手くなり結果は後から付いてくるというイメージを持つ事が大切だと考える次第です。

よく成功したスポーツ選手などがどちらか選択に迷ったらより困難な道を選ぶようにしてきたというような事を言ったりしていますが、これこそが成功哲学だと思っています。

ゆえに、今大変だなとか、失敗したなとか、中々結果が出ないなと思っているとすれば、それを極めた時には大成すると思いますので、お互い頑張っていきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る