稼ぐための第一歩とは!?

最近の朝の日課はコンサル生が送って下さるトレード日誌をチェックするところから始まります。

トレード日誌のやりとりというのは、今年からしっかりやり出したものなのですが、自分のトレードにコメントを付けて送ってもらうというものです。

皆、同じ相場を見ている中で、エントリーや決済の位置というのは違い、この人のトレードいいなと思うものもあれば、この人のトレードはちょっとなと思うものもあります。

ただ、こうやって一度に複数の人のトレードを見るということはこれまでなかったのですが、複数の人のトレードを比較検証する事で、上手い人とそうでない人はどこが違うのかというのが分かりやすくなった気がします。

これによって、上手い人の例とそうでない人の例を出して説明する事により、上手い人はより自信が付きますし、そうでない人は早期に自分の考え方の違いに気づく事が出来るので、その翌日のトレードは上手いトレードに劇的に改善されていたりします。

物販のコンサルの時は、あるコンサル生の儲かる商品を例に出して他のコンサル生に教えるなんて事は、その稼ぎ方の性質上出来ませんでしたが、トレードの場合にはそういうしがらみはないので、個別コンサルではありますが、他の上手いトレードなどを紹介するというのはかなり有効だなと感じています。

では、そもそもこの上手いトレーダーとそうではないトレーダーが同じ私からの教えを受けていてなぜ違いが出てくるのかというところですが、

それはまず知識の理解度の差だと思っています。

私のFXの手法というのは、以前教材として販売したスリーステップトレードネオという手法が軸になっています。

「稼げない」や「稼ぎ方が分からない」というのは、知識不足がほとんどで、自分の頭の中に稼ぐための道筋を描けていない事が理由である事が多いです。

ゆえに、稼ぎ続けるための知識を体系的に教科書のように作ったのがこのスリーステップトレードネオという教材な訳です。

稼げている人というのはこの講座(教材)の中で話している事の理解度が高く、稼げない人はどこかの理解が抜けていたり誤って認識している事が多かったりします。

それぐらい、稼ぐ上では稼ぐための知識を正しく理解するという事が重要だと考える次第です。

よって、思うように稼げない場合はまず自分に稼ぐための知識(情報)が十分にあるか、さらには知識があるのに思うように稼げない場合にはそれを正しく理解しているかという事を考えてみる事をお勧めします。

私は何か物事を習得しようとするときは、この2つを必ず意識しています。

関連記事

ページ上部へ戻る