会社を作る3つのメリット

こんにちは、福島です(^^)

本日は「会社を作る3つのメリット」
をお話します!

輸入ビジネスを行っていき
将来独立を考えていれば、
当然に法人設立という事を
考えるときがくるかと思います。

しかし、何故法人を設立する
のでしょうか?

周りがそうだから?

いえいえ、自分でビジネスをやる以上
周りの意見に耳を傾ける事は大事ですが、

何事も自分で考えて決断
しなければいけません!!

そこで、私が考える法人設立のメリットは
ずばり以下の3つです。

・「節税」
・「信用」
・「見栄」

まず、「節税」についてですが、
これは、法人を設立するという事は
個人とは別人格の法人というものができる
ので、節税方法の幅が広がります。

具体的には自分に対する給与支払い
について給与所得控除が受けられたり、

消費税の免税期間が設けられていたり、

会社名義の車や携帯電話をもつ事が
できたりなどなど

個人では認められなかった節税方法が
多数認められる事になります。

次に、「信用」ですが、
個人でビジネスをしていると
どうしても後ろ盾がないため
信用がない事が多いです。

しかし、法人を作れば
「社会的/対外的信用が高くなる」
というのは間違いないと思います。

例えば、事務所や店舗を借りようと思ったり、
銀行から融資を受ける場合には、
当然に保証人が必要になってきます。

このような場合でも、法人を設立していれば、
自分が保証人となって契約を結ぶ事も可能です!

また、融資についても会社にすれば
開業資金や運転資金と称して
お金を借りやすくなります。

(会社というのは将来雇用を
生む媒体だと思われているので
国も手助けをしてくれます)

最後に「見栄」ですが、
これは、上記2つに比べれば下世話な感じに
聞こえてしまうかもしれません。

しかし、1人会社といえど代表取締役は
代表取締役で会社のトップです。

自分でビジネスをやっていくという自負と
それによる責任感が生まれます。

そのため、この「見栄」を張るというのは
ビジネスをやっていく上で
モチベーションの維持にも
繋がっていくと個人的には思います!

以上、細かく言えば節税対策や
信用力の部分については
もう少しお伝えしたい事があるのですが、

まずは、「法人設立のメリット」について
ざっくり説明させていただきました。

(またの機会にもっと突っ込んで
お話しさせていただきますね)

さて、今日は法人設立のメリットについて
お話させていただきましたが、
やはり、いい事ばかりではありません。

そのため、明日は法人設立のデメリット
についてお話させていただきます。

関連記事

ページ上部へ戻る