昼寝の前にコーヒーを!

こんにちは、福島です(^^)

昨日は、こじんまりと輸入ビジネス仲間で新年会をやってきました!

その様子はFacebookにアップしているので、もしよかったら見てみて下さい。
http://www.facebook.com/t.fukushima.kaikeishishiki

そして、その新年会の前にあるミッションを実行をしてもらおうと、元コンサル生の方とお茶をしていました。

その中の雑談で、生活面で何か普段意識している事はありますか?

というような事を聞かれました。

例えば、朝はフルーツだけにするとか、寝具にはいいものを使うですとか、服装はしっかりするとか人それぞれ気をつけている事ってありますよね!?

私も上記を意識していた時期というのはあるのですが、一貫してずっと続けている事って意外となく、返答に窮しました。

その後
しばらくして思いついたのが、表題の「昼寝の前にコーヒーを飲む」という事です。

人は夜にしっかり睡眠をとっていても、昼間の2時ぐらいになるとどうしても眠くなり、その状態で仕事を続けても能率が落ちるのだそうです。

よって、昼寝が出来る状態であれば、昼寝をした方が、その後の能率が上がります。

ただ、その昼寝の仕方にも注意しなければならず、寝過ぎなどは却って逆効果で、一番良いのは15~20分程度と言われています。

さらに、何もせずそのまま起きると、起きがけは頭がぼーっとするため、目覚めが悪く、仕事への入りもスムーズには入れません。

そこで、「昼寝の前にコーヒーを飲む」という方法で、目覚めをすっきりさせる訳です。

コーヒーを飲むと、却って目が覚めるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、
カフェインが効いてくるのは、飲んでから15~20分後で、昼寝前に飲むとちょうどいいのです!

これは、何も私が勝手に言っている訳ではなく、いろいろなサイトで紹介されており、医科学的にも当たっている様です。
http://www.white-family.or.jp/healthy-island/htm/repoto/repo-to137.htm

私は、会計士の受験勉強時代はほぼ毎日、この「昼寝の前にコーヒーを飲む」というのを徹底していました。
それにより、午後以降も集中力をもって勉強をする事が出来、非常に効果がありました!

今でも、たまに昼寝をするときには、この方法は取り入れています!

もし、昼寝が出来る環境であれば、昼寝前にコーヒーを飲んでみて下さい!
目覚めがすっきりして能率が上がりますので!

(ちなみに私はブラック派です)

関連記事

ページ上部へ戻る