ノマドワーカーになってよかった事!

こんにちは、福島です(^^)

今日は土曜の夜という事で、プライベートで外出している人やいつもよりリラックスしている人が多いのはないでしょうか!?

私もつい1年半ぐらい前までは、公認会計士といえど、普通のサラリーマンをやっていたので、

金曜の仕事が終わった瞬間だったり、土曜の夜の楽しさなどは覚えています。

そして、
自分の人生なんだからどうせだったら、こういう浮き浮きした気分をより多く味わいたいなという思いが強く、

時間と場所に縛られない「ノマドワーカー」という働き方を、模索し、結果独立しました。

「ノマドワーカー」という言葉が聞き慣れない人のために簡単に説明すると、
会社のオフィスではなく、喫茶店やファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人と定義されたりしています。
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/251696/m0u/

私自身、「お金(給料をもらう)」という事以外に、会社に勤める強い動機がなかったんですね。

人生において、一番重要な時間は、家族や友人、恋人と過ごす時間だったり、
やりたい事はそういう人達といろいろなところに行ったり、体験をしたりする事です。

しかし、「お金を得る」という術を会社から給料をもらうという事しか知らなかったため、
上記の自分の生きたい人生が、会社によってもの凄く制限されていると感じて、
「ノマドワーカー」のスタイルをとりました。

そうすると何がいいかというと、一番はプライベートが充実しますね!

なぜならば、プライベートの予定は先に入れる事ができるからです。

平日、休日という概念なく、飲みにも行けますし、遊びに行く事ができます。

さらには、その予定が国内、海外問わずインターネットが通じるところであればどこでもオッケーになってきます。

次に、いい事は理不尽な無理をしていないので、ストレスフリーになります。

というのも、人には体調や心境によるバイオリズムがあります。

しかし、会社勤めをしていると、勤務時間、場所が制限されるために、自分の意志に関係なく無理をする事を強いられます。

例えば、「月に100万円稼ぎたいから、ネットビジネスで輸入のリサーチを頑張る」などは自分の意志に沿っているので頑張れます。

しかし、行っても行かなくても変わらないような作業しかない日に、体調が悪いのに無理に行かなければいけないというのは絶対きついです。

これが、かなりのストレスではないでしょうか!?

それが、「ノマドワーカー」になる事でなくなります。

また、薄暗く、嫌な上司がいる職場で仕事をやるより、日当りがよく、愛想のいい店員さんがいるカフェで、
好きなドリンクを飲みながらやる方が私の場合は絶対的に仕事が捗ります。

さらには、ジムに行く時間が出来たり、健康に気を遣う食生活が出来るようになったりなど、
「ノマドワーカー」になった事で得られた人生の豊かさというのは、
細かい事を合わせると非常にたくさんあります!

もちろん、「稼ぐ」という事がしっかりできない内は、
逆にストレスを抱える事もあるかもしれませんが、

これについても、縛られる事なく「自分の力で何とかしなければならない状況」の方が、
結果的に大きく稼げるようになる気がします。

よって、金曜の夜や土曜だけが楽しいという生活もありですが、
どうぜだったら、毎日が楽しいという人生を歩めるように、
「稼ぐ力」というものをしっかり身につけていきましょう!

「稼ぐ力」があれば、人生大きく好転します!

1月にスタートダッシュを決めれた方、
まだアクセルを踏み切れていない方いると思いますが、
まだ間に合いますので、頑張っていきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る