公認会計士というフィールドを選んだワケ

こんにちは、福島です(^^)

今日も昨日に引き続き、私の改めての自己紹介です。

本日は「個人戦略編」です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
個人戦略編 ~ 公認会計士というフィールドを選んだワケ ~

どんなに頑張っても、頑張っても

報われない結果は確かに存在しました。

それが沁みたサッカー経験を

払拭するかのように、

浪人して勉強しました。

一心不乱に勉強を継続した結果

計画通り、国立大学へ合格を決めました。

一年間の勉強も思ったほど辛くなく

勉強嫌いではないことが実感できました。

そして、大学へ入学。

夢中になれるものに出会えぬまま

フラフラと大学生を過ごします。

それも、次第に飽きてしまい

次の目標を探し始めた時に出会ったのが

「公認会計士」への道でした。

肩書きへの憧れ

正直、これは大きかった((笑

ちょっと不純ですが

「三大国家資格の保持者」

「最難関国家資格」、「弁護士と肩を並べる資格」

この響きです、この響き✩

これまで華やかな成績を残せなかった

そんな自分の人生を変えてくれる

可能性ある響きを感じていました。

本音としては

「困難な目標へ向かって努力しているとき」

これが最高に楽しかった経験を

私はサッカーで得ていました。

難関とか、無理とか、

そういったもので諦める前に

難題へ挑む過程の楽しさに惹かれたことが

チャレンジを決めた最大の理由だった様に思います。

そう考えると、若干Mなのかもしれませんね((笑

そこは志の高さに免じて許してください(^^;)

しかし、ここまで読まれた方の中には

サッカーで懲りているのに

また無謀な挑戦を始めるのか?

そう思われた方もいると思います。

確かに仰るとおりです。

しかし!!

前回の反省から

サッカーとの違いは明らかでした。

ズバリ

個人プレーとチームプレーの違いです。

サッカーにおける結果とは、

個人の要素だけのものではありません。

つまり言いたいのは、

サッカーは

自分で操作し難い偶然性と

不確定性の要素、これが強すぎる!!

(若干の故事付けをご勘弁くださいw)

そう思ったのです。

今度はチーム以外のところで

私個人の頑張りが100%反映されるもの

そういった場で、

リベンジをしようと思いました。

そして絶対に成功してみせると

内心では沸々していたのです。

最終的には、

給与面とやりがい、

「自由と安定の約束」という要素も加わり

この、フィールドで戦おう!!

そう決断するに至りました。

目標は在学中の取得。

たった2年で人生逆転!!

そんな勢いで、気がつくと

専門学校の願書を握りしめていました。

それが、4年間の苦難の始まりとは

まだ誰も知らずに・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

明日は、「超難関、公認会計士試験合格までの道のり~ 」をお話します。

では、また明日!

関連記事

ページ上部へ戻る