法人化すべき人はこんな人!

こんばんは、福島です(^^)

前回と前々回の2回に渡り
法人化の「メリット」
「デメリット」をお話させていただきました。

ただ、それは何となく分かったけど、
自分に当てはめるとよく分からない
といのが本音ではないでしょうか。

法人設立の目的は人それぞれ
違うので一概には言えませんが、
私なりの見解を述べさせていただきます。

法人化は以下の
要件に一つでも当てはまれば
考えてもよいと思います!

・課税所得が年400万円以上ある人
・会社をどんどん大きくしていきたい人
・将来的に「事業承継」を考えている人
・出張が多く「日当」をもらいたい人

まず、
「課税所得が年400万円以上ある人」
ですが、

ざっくり言うと年の利益額が
400万円以上あるという事です。

(厳密には所得控除などを控除した
後の金額なので単純な利益額では
ないですが)

課税所得が年400万円以上ある人は
節税という意味で会社を作った方が
お得になってきます。

次に、
「会社をどんどん大きくしていきたい人」
ですが、

将来的に上場したいとか、
人を雇いたいとか、
事業の規模を大きくしたいと
考えているのであれば、

会社にした方が
仕事の幅が広げやすく、
法人化する方がよいと個人的には
思います。

そして
「将来的に「事業承継」を考えている人」
ですが、

後に事業を息子等に
承継したいと考えている場合には
相続税などの面で会社の方が有利な場合が
多いです。

最後に
「出張が多く「日当」をもらいたい人」
ですが、

会社を設立すれば、
出張に際して、
自分にも日当を払う事ができます。

これは、
法人において損金になるばかりでなく、
個人においても課税されないので、
出張が多ければ多いほどお得になります!

以上が私が考える
法人化すべき人の要件です!

Amazonで輸入ビジネスをやられている方
が特に気にされるのは恐らく最初の
課税所得400万円以上の要件かなと思います。

所得控除などを勘案し
おおよそ月収が40万円を超えてきたあたりから
法人化を考えておられる方は意識すればよい
と思います。

ただし、法人化すると税務業務への
費用負担が個人より増えますし、

社会保険料もかかってくるので、
法人化する際にはその辺も勘案して
決断しましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る