2期目に突入

こんにちは、福島です(^^)
本日8/1は私の会社の2期目突入の日です。

昨年9月に会社を設立し、

約1年が経過した訳ですが、

感想としてはあっという間だなと感じます。
そもそも、
会社を設立してからも、
社員は私1人なので、
基本的に個人のときと
何ら変わりません。

会社を作った経緯も、
税金対策のみで、
「社長」というブランドや、
「会社設立して起業」といった
イメージへの憧れなどは
全くなかったので、
さらっと作った感じでした。
でも、
こうやって決算を迎えたり、
2期目という時を刻んでいく感じが、
「あ〜、会社作ってビジネスやっているんだな」
という気持ちにさせてくれます。

 

また、
会社を設立して、
唯一変わった事と言えば、

「お金の使い方」です。
以前は、
個人事業主で、

口座が分かれていたとしても、
すべては自分の「お金」という
感覚なので、
ビジネスに対する投資にしても
どこか中途半端でした。
しかし、
会社を作った事で、
当然ながら会社のお金は
自分のプライベートなお金
として使う事はできないので、
使途がはっきりしてきます。
同じように自分で稼いだお金でも、
会社のお金だと、
積極的にビジネスに投資を
する事が出来るようになります。
その投資により利益的には
マイナスになる事もありますが、
失敗でも成功でも
「経験」を積む事が何より大事で、
これがないと、
自分のコンフォートゾーンを
押し上げる事が出来ません。

そのため、
投資前に熟慮する事は大事ですが、
価値がありそうと感じたら、
とりあえず
やってみるという感じでどんどん
経験した方がいいと思います!

 

例えば、
詐欺商材のようなものを
買ってしまったとしても、
なぜその商材を購入してしまったのか
という事を考える事で、
セールスやマーケティングの
技術を習得する事ができます。
これを、
自分がモノやサービスを
提供するときに
生かせばいいわけです。

詐欺商材でも売れるテクニックなので、
しっかりしたモノ/サービスが
売れない訳はないのです。

 
また、
いつも近所のカフェでコーヒーを
飲んでいる人が、
1杯数千円する
ホテルのラウンジの
コーヒーを飲んだりするのも
投資の一つです。

 

コーヒーの味というのは、
好みなので、
ホテルのラウンジのコーヒーが、
近所のカフェのコーヒーより
圧倒的に美味しいという事は
ないでしょう。

 

ですが、
価格は10倍ぐらい違ったりします。

 

これは、何故かという事を
考えて答えを出す事も経験の一つです。
これは、
認知科学者の苫米地 英人さんの
いう、
「バーチャルバリュー」という
用語に帰結します。
要は、
そこには、
その価格に値する空間が
提供されているという事です。

 

このバーチャルバリューを
高める事が出来れば、
原価が100円のコーヒーを
近所のカフェのように200円ではなく、
2000円で売る事も出来る訳です。

 
この法則を
自分のビジネスに置き換えて、
当てはめる事が出来れば、
扱うモノ/サービスは
変わらなくても、
利益を圧倒的に伸ばす事が
出来ます。

 

このように、
新たに投資をする事で、
必ず学びがあります。
そのため、
利益を今より拡大したいと
考えるならば、
積極的に投資をして、
経験し、学ぶ事が重要です。

 
そういう意味で、
会社を設立し、
ビジネスへの投資を躊躇しなくなった
事は、成長を加速させてくれたなと
感じます。

 

とはいっても、
まだ1年なので、
2年目も
さらに頑張って行こうと思います!

 

なお、
2年目という事で
ブログを全面リニューアルしました!
http://tax-complete.jp/
デザインがスタイリッシュで
個人的にはとても気に入っています。

関連記事

ページ上部へ戻る