いつまでたってもプラス思考になれない理由

 

こんにちは、福島です(^^)
突然ですが、
あなたはプラス思考ですか、マイナス思考ですか?

私は個人的にはプラス思考だと思っています。
私が現時点で成功しているとは
全く思いませんが、
よく成功する人はプラス思考である
という事が言われます。
行動の積み重ねの上に成功があるとすると、
同じ失敗が起きて、
マイナスに考え尻込みするよりは、
プラスに考えてそれを踏まえ
よりよい行動を取ろうとする方が
成功確率はもちろん高まります。

 

自分がマイナス思考になりがち
だと感じている人は
それを改善するよう
心がけていると思いますが、
この問題は、
一般的に言われるような
精神論では片付かないと個人的には
思っています。
こういう思考こそ論理的に
自分で形成していくべきです。

 

プラス思考が機能する人というのは

自分の能力に自信があり、
その分野で過去の十分な成功体験から
前向きなイメージができる人です。
マイナスの感情を持っている人に
いくらプラス思考で考えろと言っても
上手くいっている自分の姿をイメージできないので
空回りしてしまうわけです。
(ここに精神論では片付かない理由があります)
そして、失敗のイメージばかりが先行して行動できずに
ただただ時間だけが過ぎていってしまいます。

道理で苦手分野ではプラスイメージがなかなか持てないわけです。
そして
マイナスの人がプラスになるには
自ら成功の実体験を積まなければならない。
と考えます。

 
そのため、まずは成功体験から、
マイナスの感情をプラスの感情に変えることから
始めないといけない訳で、

全てはまず小さく行動するところから
始める事が必要になってきます。
ですので、何かについて、
マイナスのイメージしか持てないという場合は

プラス思考は一旦忘れて、
成功の可能性が高い行動を積み重ね
プラスの感情を持つことが大事です。
逆に経験や実績が十分という人は、
プラス思考を活用すれば
今まで以上の結果が期待できるかも知れませんね。

 

今自分がやっている事を
見つめ直し、
マイナス思考になりがちな人は
小さな成功体験を積む事を意識してみて下さい!

 

ちなみに、
私は会計士受験勉強時代
「会社法」という法律科目が
苦手だったのですが、
全体の問題を解こうと
するのではなく、
まずは、
重要な語句の意味を1日1個
覚えるようにしていました。
これをする事で、
得意な人よりは
時間がかかりましたが、
無事「会社法」を攻略し、
試験にも合格する事が出来ました!

関連記事

ページ上部へ戻る