本田のPKのように興奮する事!

こんばんは、福島です(^^)

いや~、一昨日のオーストラリア戦は劇的な試合でしたね!

私はスタジアムまで観戦しに行ってきました!!

小さい頃からサッカーの試合を見に行っていましたが、
本田のPKを決めた後のスタジアムの地鳴りのような歓声は、
もの凄かったです!!

コンフェデも頑張ってほしいですね!

試合の観戦模様はfacebookにアップしたので、
もしよかったら見てみて下さい!
http://www.facebook.com/t.fukushima.kaikeishishiki

さて、
月初という事もあり、

結果報告メールをいただくのですが、
初心者から始めて開始2ヶ月で40万円突破した方から
結果報告をいただいたので、
掲載します!

こういう報告は、
教えている立場としては、
本田のPKと同じくらい興奮します!!

何せ、月収40万円というのは、
普通の人の給与以上の額ですからね!

金銭面で、企業に縛られる理由はなく
自由に生きる選択肢を得られる金額だと思います。

もちろん、
本人のコメントにも記載の通り、
もっと収益が安定的に上がっていくという下地を作る事が大事ですが。

では、
どうぞ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
福島さん

こんにちは。
4月よりコンサルティングを受けさせて頂いてる○○です!

先月の結果を報告させていただきます。
売上=>3,220,503円
利益=>430,417円
となりました。

開始2ヶ月目で、当初の目標だった30万円をクリアする事ができました!

本当にありがとうございます!!!
(もっと収益を伸ばし、近いうちに必ず独立します!)

ただ、
先月は途中から正直福島さんの開始2ヶ月目で47万円という実績を
本気で抜きにいこうと思っていたので、
月末に売上が低調気味になり、43万円で利益がとまってしまって
悔しい気持ちの方が大きいです。。。

けれど、
最初の対面コンサルで、
「結果を出したかったら、誰よりも努力して下さい!」
という福島さんの言葉が今でも頭から離れず、
日々その事を意識して取り組み
結果が付いてきたので、
大変感謝しています!!!!!!

コンサル期間もまだ残っているので、
できるだけ多くの事を吸収し、
結果を出せるよう、
またいろいろと質問してしまうかもしれませんが、
よろしくお願いします。

以下略

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がアマゾン輸入を始めた頃はまだ参入者が少なかったので、
今始めて開始2ヶ月で43万円というのはとても素晴らしいと思います!

私がコンサルや会員制サービスの講師などをしてきて、
いろいろな人達の結果を見ると、
初心者から始めて、30万円を超えるのは
3ヶ月~半年の間で達成する人が多い印象です。

では、なぜこの方が開始2ヶ月で上記のような結果を出せたかというと、
まずは、やっぱり作業量ですね!

この人の作業量は私が見ていても、
郡を抜くほどの作業量をこなしているなと思います。

私が10やって下さいと言ったら、
12ぐらいやってくる感じですね!

後は、失敗を恐れないチャレンジ精神がとてもあるなと思います。
やった事のない事や、
自分が行っていない領域に入るときには
多くの人は二の足を踏んだり、躊躇すると思いますが、
この方は、自分の目標はもっと先にある事を意識して、
小さい失敗を恐れず、どんどんやる感じですね。

この辺は、短期間で利益を出す人に共通する特徴かもしれません。

所謂リスクテイカーというやつですね。

後、外部要因としては
最近は円安による影響で、
輸出に流れたり、中国輸入に流れたりで、
欧米をメインでやる人が前と比べて
少なくなっている事もあるのかな~と思いました。

というのも、
具体的な商品名は聞きませんでしたが、
利益が1個3,000円ぐらい取れて、
日に1~2個売れるものが、
FBAでは自分しかいない状態の商品が2~3個見つかっているようです!

何をやっていくかは、
その人自身が決めればよいですが、
こうやって自分の力で稼ぐ事を覚え、
人生の選択肢を増やしていけるのは、
本当に素晴らしい事だと思います!

私は、会社を辞めて1年半ぐらい経っていますが、
何かに過度に依存する事なく、
自分の人生を自分で選択していく今の生き方が
本当に楽しいです!

曜日とか時間とか関係なく、
自由に海外に行ってみたり、
W杯(最終予選)を見に行ったりできますしね!

こういう自分の理念に共感してくれる人に
もっともっと自由に生きていける選択肢を増やしてもらえる
活動していこうと、
上記のコンサル生の報告メールを見て改めて思いました!

これからも自由な選択肢を持つノマドライフを手に入れられるよう
頑張っていきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る