私が思う世界一の税務大国

資産を増やす為に足かせになるのが税金です。

一昨日も記事に書いた通り、日本は累進課税制度を取っているので、

年収が上がれば上がるほど、資産構築スピードの比率は鈍化していきます。
日本で大富豪が生まれないのもこの税制が大きく影響しています。
(監視し合う国民性も影響しているとは思いますが)

ただし、「日本」で生まれないだけであって、日本人の大富豪がいないかというとそうではありません。

最近はパナマ文書の流出でタックスヘイブン(租税回避地)が話題になっていますが、

日本は属地主義という税体系を取っており、税金の安い海外に住めば、日本においては非居住者という扱いをされ、

日本への納税義務はなくなります。
起業家もそうですが、ミュージシャンやタレントなども稼いでいる人は昔からこの非居住者になっている事が多いです。

よって、日本人は自分の選択で、海外で居住すれば税金を安くする事は可能なのです。
一方、世界を見渡すと「属人主義」といって、どこにいてもその国の国民である限り国に税金を納めなければならないという国も有ります。

それが、アメリカとフィリピンです。
この場合、アメリカ人はどこの国に住んでもアメリカに税金を納めなければならないので、

国籍を変えない限り自国の税から逃れる事は出来ないのです。
この属人主義というのが税務の徴収制度としては最強です。

日本は属地主義なので、こういった国々と比べると選択の余地はありまだマシなのです。
さらには、一度資産を築いて預金が1億あってもその預金には税は課されません。

本当に所得の再配分を実施するならば、資産を持てないようにするのが最良の選択で、

資産税があれば、貯金していてももったいないので、消費も喚起され、経済も循環していきます。

ただ、日本はこの資産税(固定資産税などは除く)がないので、

貯蓄性向が高くなり消費が喚起されないという側面はありますが、一度資産を築いてしまえば安泰とも言えます。
当然、こういう仕組みを作っている人たちは既に莫大な資産を持っている人が多いので、

本当に経済効果がある資産税導入などはやらず、

消費増税や社会保険料増額など国民から広く薄く取る施策だけを永々と繰り返すのです。
よって、普通にしていたらこの枠組みの中でお金持ちになれないルートを歩む事になるので、

如何に普通から逸脱するかという事を考えなければ、お金は一向に貯まる事はないと考える次第です。
そのためには、ネットビジネスと投資で自力でお金を増やす以外にないのです。

関連記事

ページ上部へ戻る