個人でも節税って関係あるの?

本日は、「個人でも節税が関係あるのか」
というお話をさせていただきます。

なぜこのようなお話をさせていただくかというと

先日読者の方から以下のような
ご質問を受けました。

—————————————————–

僕は、会社設立を年内に考えています。
そこで、お力を少し貸して頂ければ幸いです。

もし、今年12月に法人化した場合に、1月~11月まで稼いだ利益にも
節税は効くのでしょうか?

例えば、無料レポートの中にあるような家賃や光熱費、又は、セミナー代金等
のことはどうなるのでしょうか?

—————————————————–

結論から言うと、
基本的に、会社であろうと個人であろうと経費
で節税できるという事に違いはありません!

そのため、ビジネスに関係するものであれば必要経費となります。

よって、私のレポートに書かせていただいた
家賃や光熱費、セミナー代金等などは
会社形態であれ、個人であれ
ビジネスに関係する部分の金額は
経費として処理する事ができます!

ただ、その範囲には違いがあります。

会社に有利な経費として、
例えば車や携帯電話、スポーツ倶楽部など
会社名義で契約するれば、その分の
費用を経費とする事が出来ます。

一方、個人に有利な事として、
法人は経費とできる金額に上限がありますが、
個人にはそのような上限はありません。


・資本金1億円以下の会社
経費としてかかった額の90%までが
税務上経費として認められる。
(年間600万円まで)

(上記以外にも、
違うところはありますが、
すべて書くともちろんきりがないので、
もし個別で判断しかねている費用などが
あれば、ご質問下さい。)

このように、その範囲に違いがあるものの
個人であっても会社であっても
基本的に節税という概念は
変わりません。

よって、会社形態にして
専業でやらている方だけでなく、

副業でやられている方にとっても
同じように関係がある事柄だという
認識をこの機会に改めて持っていただければと
思います!!

今後もちろん
節税の詳しいお話もしていくので、
すべて自分に置き換えて考えましょうね!!

そして、このメールマガジンの
理念でもある最速での資産構築を
一緒に目指して行きましょう!!

関連記事

ページ上部へ戻る