特定口座と一般口座の違い

株式投資をする場合には、どこかしらの証券会社で取引用の口座を開設する必要があります。

私の場合は、元々短期トレードはSBI証券でやっていたのですが、

長期投資においては常に口座を見る必要はないので、口座を分けるべく楽天証券でやっています。
その際、ほとんどの会社で特定口座か一般口座を選べるようになっています。
ここで、それぞれの定義について記載すると、

特定口座とは申告分離課税が適用になる上場株式等の譲渡益課税について、証券会社が損益の計算を行い、「特定口座年間取引報告書」を交付する口座です。

一方、一般口座とは特定口座で管理していない上場株式等の売買を管理する口座のことです。
通常はどちらか一方を選ぶ選択制となっています。

そして、特定口座のメリットは何があるかというと
特定口座(源泉あり)を選択すると、確定申告なしで上場株式等の譲渡益に対する所得税・住民税の納税を完了することができます(申告不要制度)。

細かく言えば、相続などの時に口座の引き渡しがスムーズであるという事や株式分割が行われた時の計算が自動で行われるなどがありますが、一番は上述の通り、自分で確定申告する必要がなく、証券会社が勝手にやってくれるという事です。
ただし、裏を返せば、稼いだらすぐに約20%の税金が徴収されるので、確定申告の煩雑さを気にしなければ、稼ぐ技術がある前提で、複利を勘案すると一般口座の方が資金が溜まる速度が早いという事に理論的にはなります。

例えば100万円の元本で、月利10%稼ぐ技術があり、今月10万稼いだら、特定口座(源泉あり)の場合には20%引かれて8万円が入金されます(正確には取引事ですが、簡便的に月単位で表しています)。

一方、一般口座では、年単位の確定申告時にしか税の支払いはこないので、今月10万稼いだら10万まずそのまま入金されます。

翌月、特定口座の場合には108万スタートですが、一般口座の場合には110万スタートとなり、

同じく月利10%達成したとすると、前者は10.8万円の利益で後者は11万円の利益と2千円利益に差が生じてきます。
これを年間にすると、上記の例で一般口座で最終的に税金を支払った後の金額で比較して、約20万円一般口座の方がお得になります。

もちろん、技術が一緒で常に安定した利回りを達成出来たという理論的な事が前提となりますが、

一般口座の方が技術があれば金銭的にお得という事になります。
ただ、それでも確定申告の煩雑さや、申告漏れなどのリスクに照らして、私自身は特定口座(源泉徴収有り)でよいと思っています。
それぞれ、メリット、デメリットありますが、口座選びの際には是非参考にしてみて下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る