やっと解放されました。

今年の確定申告も3/16までと後半月弱となりました。

私の場合は、個人の確定申告というよりも、会社の決算で書類整理など色々と先月は

雑務があったのですが、最近ようやく解放されました。
昨日の記事とも関連しますが、管理用にはビジネスなどの利益管理表などは、

月次などで作成したりしており、都度検証しているのですが、

決算用の領収書整理とかは普段のビジネスの反省とかとは特段関係ないので全くやっていません。
(一カ所に保管しているだけです)

毎回、決算の資料を作成する度に整理しておけば楽なのになと思ったりするのですが、

1年分まとめてやっても半日とかで終了するぐらいの量なので、

特段改善せず今年もあくせく領収書整理等もまとめてやりました。

というのも、
経費の無駄遣いをしてしまうというようならば普段から管理用にした方がよいですが、

経費と言えどお金が減っている事には変わらず、

無駄な経費は資産構築においてはマイナスなので、私は無駄な経費などは一切使いません。

そして、従業員は私だけなので、自分がしっかりしていれば、特段月次などで領収書整理をする意味はないのです。
最終的なまとめとか、申告書作成などは税理士の方に任せているのですが、

通常の帳簿付け等は自分でやるので、やはり数値を埋めるだけでも骨が折れました。
ただ、これで会社としては5期が終了した事になるので、

5年超生存する企業の数が15%と言われる中、上位15%に入りました!

けれど、この5年間1度も廃業の危機などは感じた事はないので、

当たり前ですが、収益をしっかり上げ、コストを抑えれば潰れる訳はないのです。
形式的な雑務は後回しにしてもよいと思いますが、

収益を上げ、コストを削減するという実質的なところに課題を抱えている場合はやはりタイムリーに検証する事をお勧めします。

 

関連記事

ページ上部へ戻る