稼いでいないときでも確定申告をした方がよいのか?

本日は、稼いでいない人が法的な事を
抜きにした場合確定申告をする経済的な
メリットがあるのか?
というお話をさせていただきます!

結論から言うと
大いにあります!

というか、
例え稼いでいなくても
申告をすれば経済的に
得をします!

そのからくりを以下
ご説明しますね!

まず、先日月収2万円以上稼いでいれば、
年収が20万円超になり
確定申告が必要になってきますという
お話をさせていただきました。

しかし、
これは単に稼ぎの額に注目しており、
多くの場合、年間にセミナーに出られたり、
書籍を買われたり、ビジネスのために
出張したりなどなど、事業に関する
経費が発生していると思います。

そうすると、それは20万円どころでなく、
50万円ぐらいかかっていたとしてます。

ここで、確定申告をする意識が
ない人(Aさんと仮定)は領収書をとっておくなどという事も
しないため、50万円を払って終わりです。

しかし、確定申告の意識がある人(Bさんと仮定)は
この領収書なりをとっておく訳です。

仮に稼ぎが年間20万円の場合、
申告義務はないですが、
申告の意識が高く領収書をこつこつためていたBさんは
年間の損失が30万円(20万円-50万円)であると申告する訳です。
(義務がないだけで申告は自由です)

なお、Aさんはもちろん申告をしません。

そして、次の年には
稼ぎが増え年収が200万円になったとします。

前年に申告をしていなかったAさんも
さすがに稼ぎが大きくなってきたため、
ここで始めて申告を意識し、
申告書を提出する訳です。

そのときに払う税金が
例えば税率が20%だとすると、
40万円となります。
200*20%=40万円

(もちろん、当年も意識が欠けていたため
経費(60万円と仮定)の領収書などはとっていませんでした)

そして、前年もしっかり申告したBさんは
今年の経費(60万円と過程)の領収書もしっかり
とっていたとします。

そうすると払う税金は22万円となります。
(200-60-30)*20%=22万円

ここで、注目していただきたいのが
前年の損失部分30万円も収益の額から
控除する事ができているという
事です。

これを税務上
「欠損金の繰越控除」と呼びます。

ここに、稼いでいないうちから
領収書などもこまめに保管し、
申告をしてほしいという真意があります!!

現在大きく稼ぐ事を目的に
頑張っておられると思うので、
将来絶対に申告をするときがきます。

そのときに必死にお金を費やして頑張っていた頃の
費用が全く控除されず、

稼いだとたん多額の税金をとられるのは
本当にバカらしいです!!

是非、将来稼ぎたいと
思っているのであれば、
領収書なりをきっちり保管し、
今年は確定申告をしっかりしましょうね!

なお、今年(1月~12月)の損益の
確定申告期間は2013/2/16~3/15になりますので。

関連記事

ページ上部へ戻る