ビットコインに税金がかかる時かからない時

ビットコインやばいですね。

今日の朝時点で一時230万円ぐらいまで上がっており昨日比で50万円ぐらい値上がりしていました。

一昨日もその前も数十万円単位で毎日値上がりしており、これがバブルかと思います。

先日メルマガにも書いた通り、私は120万円ぐらいの時に半分利益確定しているので、現在のポジは完全にノーリスクという事で追えるだけ追っていこうと思っています。

ただ、今の上昇は「シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)」がビットコインの先物を年内に上場するというニュースから来ています。

上場すれば、流動性が増すので確実に今より大きな資金が流れてくるため、個人投資家がこぞって今買っている訳です。

上場すれば、上記の通り機関投資家を含め大量の人が参入してくるので、良くも悪くも価格は安定し、今のようなバブルは一旦落ち着くかなと思っています。

株で言えば、ビットコインは流動比率が今まで著しく低くめちゃくちゃ軽かったので、どんどん上がってきましたが、上場で流動比率が増す事により、値上がるにしてもそのスピードは鈍化すると考えます。

 

さて、ビットコインに限らず、他のアルトコインと呼ばれる通貨も含め仮想通貨は持っていれば、値上がりして、中には大量の利益を得たという人もいると思います。

私のコンサル生の中でもビットコインを6万円で買ったという人がおり、その人はいつも情報感度がよいので、その人から当時情報をもっと聞いていれば、今頃資産30倍とかも夢ではなかったなと。。。
(ただ、このコンサル生も現在までは持ちきれず既に売ってしまったようですが)

モナコインとかもやばいですよね。

2円とかが2000円になっているので、1000倍です。
(100万でも投資してたら10億です。)

 

ただ、儲かったら忘れてはいけないのが税金です。

15年ぐらい前に現在の仮想通貨のようにFXが盛り上がった時にその後に起きたのが脱税問題です。

以下の磯貝さんという方は最近もテレビに出ていてたまたま見ていたのですが、

FX脱税で転落、3億円超の負債を負った磯貝清明氏の現在

FXで10億ぐらい稼いだのですが、それを申告せず、2008年にマルサが入りました。

ただ、マルサが入った2008年はリーマンショックの時で、10億稼いだ資金も数千万円に減っていたそうなのですが、

そこに、それまで脱税していた分の重加算税や延滞税などが加味され、合計3.3億円の税金が課されました。

当然数千万円の資産で、3.3億円も払えるはずもなく、資産は全て売り切って、風呂なしアパート生活となり、借金を返済していく日々になってしまったそうです。

 

脱税による国に対する借金は、普通の金融機関での借金と違い、自己破産してチャラにするという事が出来ません。

必ず返さなければならず、実は一番恐ろしいのです。

 

よって、今仮想通貨で儲かっている人は、ここは注意する必要があります。

 

なお、仮想通貨は雑所得になるという事がもう決定しているので、利益確定した瞬間雑所得として申告する義務があります。

仮想通貨の税金関係が気になる方は以下のサイトが分かりやすく説明してくれているので、参考にしてみて下さい。

ビットコインに税金がかからない方法!仮想通貨の税金について解説

ちなみに、上記サイトにも書いてありますが、決済しなければ(含み益の状態では)、課税される事はなく、ここは株やFXと一緒になります。

関連記事

ページ上部へ戻る