自分のために購入したものを使わなくなって処分した場合の税金はどうなるの?

こんにちは、福島です(^^)

今週から確定申告が始まりましたが、もう提出された方もいますかね!?

出すのは3/15までに出せば大丈夫ですが、過去分の書類が残ってないなどの理由で
資料をカード会社に請求しなければならないというケースもあったりするので、
取りかかりは早めにしましょう!

さて、今回始めて確定申告をされるという方もいらっしゃると思いますが、
処理方法で悪戦苦闘されている方もいるかと思います。

基本的には、担当税理士や、税務署の職員の方、弥生会計などの会計ソフトを導入していればそのサポートスタッフの方、
はたまたタックス・コンプリートを購入されている方であれば私に聞いてもらえば分かると思います。

こういう会計/税務の処理方法は知っているか知らないかだけで、考えても浮かんでこないと思うので、
知っている人にどんどん聞いてしまいましょう!

さて、そんな中今日は多くの人に共通するであろう会計処理についての質問/回答をシェアしたいと思います。

それは、不要品を処分したときの会計処理です。

ビジネスの初期資金を捻出する方法として、まずは不要品を処分するところから始めている方もいると思うので、該当する方は是非参考にしてみて下さい!

質問
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
オークションやアマゾンで当初は自分のために購入したものの不要になり販売した商品があります。
この場合 元々持っていたものなので仕入れは0円になります。
自分の持っていたものが売れた場合仕入は0円となりますが
この場合は送料や手数料等の経費を除いたすべてが利益となってしまうのでしょうか?

回答
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記ご理解の通りとなります。
原則として証憑がきちんと保管されていないものについては、税務署サイドは考慮してくれません。
ご認識の通り、全てが利益となってしまうため、払うべき税金も多くなることが想定されます。
節税の観点からこれらの事態を回避するためには、
きちんと説明出来るようにしておくこと、つまりきちんと説明するために根拠となる証憑書類はきちんと保管しておくことが必要となります。
節税は一朝一夕にあらず、面倒なことをコツコツ積み上げることで達成可能と認識して頂ければ、これ幸いです。

税金は利益に対してかかってくるので、税務署の基本的なスタンスとして売上(収益)部分については、
税額が多くなるので、比較的容易に認めてくれます(というか、ほぼ計上できます)。

しかし、逆に費用面については、税額を少なくする方にはたらくので、
証憑と、ストーリーがしっかりしていないと否認されるケースがあります。

よって、費用を計上するときには、なぜその費用がビジネスにおいて必要だったのかをしっかり根拠証憑をもって説明できるようにしておきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る