商品代金以外は期末の在庫金額に含めるの?

こんばんは、福島です(^^)

本日は「商品代金以外は期末の在庫金額に含めるの?」
というお話をさせていただきます。

早速ですが、
昨日の費用の計算方法を覚えていますでしょうか?

以下の条件での利益は300,000円でしたね!
{1,000,000-(100,000+800,000-200,000)}

4月売上金額:1,000,000円
4月仕入金額: 800,000円
(4月のクレジットカードでの購入金額)
4月初在庫金額:100,000円
4月末在庫金額:200,000円

と昨日はここまでだったのですが、
読者の方から以下のようなご質問を
いただきました。

———————————-

月初在庫金額と月末在庫金額なのですが、
これは単純に仕入れた時の金額ということで宜しいのでしょうか?

それとも転送料や関税、販売手数料などの費用を、
各商品に按分して在庫金額に含める、というような形になるのでしょうか?

———————————-

確かに、昨日はこの辺の細かいところには
触れていなかったので、ここで
シェアさせていただきますね!

まず、Amazonでの輸入転売を
考えたときにかかる主な費用には
以下のようなものがあるかと思います。

・商品代金
・送料(セラー=>転送会社=>代行会社=>FBA納品)
・関税
・消費税
・代行手数料
・販売手数料

そして、法人税法施行令において
「棚卸資産の取得価額は運賃、保険料、関税等を含む」と規定されています。

すなわち、一般的に商品というと「品物の代金」という意味で
使われる事が多いですが、

会計の世界では、
「品物の代金」以外にも運賃や、保険料、関税等を
含んだものを総称して棚卸資産という概念で捉えます。

よって期首/期末の
在庫金額(棚卸資産)に含めるのは

・商品代金
・送料(セラー=>転送会社=>代行会社=>FBA納品)
・関税
・代行手数料

となります。

なお、「送料」「関税」「代行手数料」
などの、商品事紐づけられない費用部分については、
売れたものと期末に残っているものとに
最終的には按分計算する事になります!

又、「消費税」については、
最終的には国に納めるものを
仮に払っているだけなので、
棚卸資産とは無関係になります。

そして「販売手数料」については、
売れた商品に対してのみかかって
くるものなので、

期首と期末に在庫(棚卸資産)として持っているもの
にはかかってきません。

以上、今日は昨日に引き続き
費用の計算方法についてお話させていただきました!

この辺の考え方は最初はとっつきにくいかも
しれませんが、慣れれば何てことはないので、
そんなに難しく考えなくても大丈夫です!!

関連記事

ページ上部へ戻る