海外在住者の税金はどこに納めるの?

こんばんは、福島です(^^)

本日は、海外在住者の方がAmazon輸入転売で
稼いだ場合、税金はどこに納める必要があるのかという事をお話します。

これは、現在海外で取り組まれている方は
大いに疑問に持たれる事かと思います。

又、現在は日本で取り組まれている方であっても
将来的にはノマドワーカーとなって
「いろいろなところで暮らしてみたい」と
考えている人も知っておかなければいけない事ですので、
是非参考にしてみて下さい。

早速ですが、読者の方から
寄せられた以下のご質問をまずは
ご覧下さい。

—————————————————–

自分は今、アメリカ在住でアマゾン転売をやっています。(アメリカ→日本)
こちらでの身分は学生です。(留学中)
住民票等はぬいてあり、年金や健康保険は支払いの義務がありません。
日本のクレジットカードと銀行口座があるので、このビジネスモデルができています。

この場合、私には納税の義務があるのでしょうか?

—————————————————–

—————————————————–

最近では、海外に移住する人が多くなっています。
その場合、属地主義をとっている日本では、
課税義務なし、と考えていいのでしょうか。
また、属人主義の国に渡った場合は、
どこにも課税義務がないということでよいのでしょうか。

—————————————————–

—————————————————–

現在タイに住んでおります。
先月4月20日に初出品したばかりの初心者です。
現在までいくつか商品を購入頂き、少しずつ利益が積み重なっております。
そのような状態ではありますが、SSC会員となったからには大きな利益を継続的に出していきたく、
つきましては確定申告に関しメールさせて頂きました。

—————————————————–

どうでしょう?

このように海外に住んでいる場合
税金はどこで納めると思いますか?

まず、基本的な事をお話しますと

日本人が日本に住んでいて、
日本で事業を行っている場合には、
税金は当然に日本で納めます。

これには疑問の余地はありませんよね!?

それでは、上記の方達のように
日本人が海外に住んでおり、
海外から仕入れた商品を
日本のAmazonで売った場合、
日本に税金を納める必要があるでしょうか?























答えはNoです。

日本ではなく、
住んでいるその国の税法に従って、
当該住んでいる国に税金を納めます。
(どうですか、当たりましたか(^^)?)

もちろん、これには前提があります。
海外に住んでいるといっても
何をもって海外に住んでいるかというのは
人それぞれですよね!

そこで税法上「海外に住む」とは、
簡単に言うと日本に住所がない状態の事を指します。

(サラリーマンで海外の支店や子会社に出向した場合、
その予定期間が1年以上の場合にはこの住所がないという
状態であると看做されます)

これにより、税法上「非居住者」という扱いになります。
(日本に住んでいないという事を意味します)


なお、非居住者のしっかりした定義は「居住者以外」という
もう少し詳細な内容になるので、詳しく知りたい方は
以下をご参照下さい。
http://tinyurl.com/7lygmdm

そして、この非居住者の方が
ビジネスで獲得した事業所得については
日本に納める必要はなく、
住んでいる国に納める事になります!
(*日本に恒久的施設(支店等)がある場合を除く)

つまりは、海外に在住するれば
その国の税法に従って税金を
納める事になるので、
お金を稼げるようになると税金の安い国で
生活する人も出てくる訳ですね!!

この辺も以前お話させていただいた
「無知はコスト」です!

ちなみに外国で法人を作っている場合でも
基本的な考え方は一緒なので
是非参考にしてみて下さいね!!

以上、本日は海外在住者の納税地の
お話でした。

関連記事

ページ上部へ戻る