個人事業主登録(開業届提出)をしていなくても、確定申告は可能か?

こんにちは、福島です(^^)

コリンチャンス勝ちましたね~。
今日はいよいよチェルシーです!

番狂わせもいいですが、
やはり王道のヨーロッパ対南米の
決勝戦を期待します。

さて、今日は「個人事業主登録(開業届提出)をしていなくても、確定申告は可能か?」
という事についてお話します。

なぜ、このようなお話をするかというと、
先日「輸入ビジネス初心者が確定申告をすると得をする理由!」
というテーマで記事を書きました。

http://ameblo.jp/t-fukushima-kaikeishishi/entry-11423398573.html

そして、その記事を読んでいただいた読者の方から、

「稼いでない人でも確定申告するべきとのこと
でしたが、それは個人事業主の登録をしていなくても大丈夫なのでしょうか?」
というご質問をいただいたからです。

結論から言うと、もちろん大丈夫です。

さらに、「個人事業主の登録(開業届提出)」というのは、
原則的には、開業後1ヶ月以内に提出とありますが、
遅れる事による罰則規定などは特にないので、

提出が遅れましたというかたちで気付いたら、
提出するようにしましょう。

どこに提出するのかというと、
これは、確定申告書の提出先とも同一ですが、
自分が居住している地域を管轄する税務署です。

ちなみに、自分が居住している地域を管轄する
税務署がどこなのかは、以下のサイトなどを見ると分かるので、
参考にしてみて下さい!

http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeikyoku/chizu/chizu.htm

とにもかくにも、開業届の提出有無に関わらず、
確定申告はできますので!

関連記事

ページ上部へ戻る