税金っていつ払うの!?

本日は税金の支払い時期についてお話します。

まず、覚えておいていただきたいのは、
個人と法人では税金の支払いタイミングが違うという事です。

よって、以下では個人でビジネスを行っている場合と
会社を設立している場合とに分けてお話させていただきます。

最初に本業であれ、副業であれ個人でビジネスを
されている方の税金の支払いタイミングは
以下の通りとなります。

計算対象期間:1/1~12/31
確定申告時期:2/16~3/15
納付期限:3/15

基本的に個人の所得税は、1/1~12/31までの
所得金額を計算し、
それを税務申告書にまとめて、
3/15までに提出及び納付をする事になります。

次に、法人の場合ですが
法人には、それぞれ法人で定められた
決算日というものがあります。

日本の会社の多くは決算日を
3/31にしているところが多いので
ここでは、決算日が3/31であると仮定して
お話します。

計算対象期間:4/1~3/31
申告納付期限:5/31

法人の場合には、
それぞれの法人が定めた
決算日を最終日とした
一年間が基本的に計算対象期間となります。

そして、そこで計算された
税金金額を決算日の翌日から
2ヶ月以内に納付する事になります。

なお、法人を設立して
ビジネスをされている方でも
当該法人から給料というかたちで
個人としても所得を得る事になるかと思います。

そのため、最初に記載させていただいた
個人で所得税は納めるという事に違いはありません。

よって、法人を設立されている方は
一年に2回税金を納める事になります。
(法人分と個人分)

どうでしょう?
分かりましたでしょうか?

最後に、覚えておいていただきたいのは、
当該税金は過去の1年間の活動で得た
所得に対して支払うものだという事です。

つまり、事前にこの支払いタイミングを意識して
過去一年間の活動で得た所得の内、当該税金部分の金額を
残しておかなければいけないという事です。

昨日お話させていただいたキャッシュフローの
お話とも関係するのですが、
このように大きなお金が出て行くタイミングというのは
事前にしっかり把握し、計画的に資金を
残しておくようにしましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る