Amazon輸入転売実践者が確定申告のために残しておくべき資料とは!?

こんばんは、福島です(^^)

もうすぐ、今年も半分が終わりますね!?

年初に立てたビジネスの目標の達成具合は
いかがでしょうか?

また、今年の確定申告のための
資料を揃えたり記帳したりするのにも
よいタイミングです!

なぜなら、個人の所得税の計算対象期間は
1月1日~12月31日であり、
今月末(6月30日)はちょうどその半分だからです。

よって、本日は Amazon輸入転売実践者が
確定申告のために最低限残しておくべき資料
について記載したいと思います。

そのため、できればこのメルマガに
記載させていただいた書類を
このタイミングで半年分揃えましょう!

もちろん、
それとともに記帳業務もできるとなおベストです。

そして最低限揃えておくべき資料としては
ざっと以下のような資料となります。

支出:・Amazon USA等よりの仕入の際のオーダーの写し
・ebayでの購入品リスト
・MyUS.comよりの転送料明細
・Dream Factory(国内転送業者)
からのの請求書(手数料及び消費税・関税)
・Amazon USA Prime Service会費
・MyUS.com年会費
・クレジットカード明細
・AmazonJapan手数料明細

収入:・Amazon Japanからの入金(通帳コピー)
・Amazon Japanの売上明細

もちろん、上記資料以外にも
セミナー出席費用や宿泊代、交通費などの
領収書も細めに残して何に使ったのかを
分かるようにしておく事が大事です!

今日は短めですが、 以上となります!

関連記事

ページ上部へ戻る