消費税8%になる前の駆け込み仕入れの効果

もうすぐ、消費税が8%に上がりますね。
どうせ取られるなら少ない事に越した事はないですが、
こういう事は、個人レベルでどうこう出来る事ではないので、
それほど気にはしていません。

ただ、どうせ買うものであれば、
3月までに買ってしまった方が、
安く買えるので、PCや付属部品など買おうと思っていたものを、
このタイミングでぱぱっと私も買ってしまいました!

このように
単純に自家消費するものについては、
増税前に購入してしまう方がお得です。

それでは、
我々がやっている転売ビジネスにおいてはどうでしょうか?

以下の2事例を用いて考えてみたいと思います。

前提
税抜価格
仕入値:100円
売値:120円

事例1
仕入日:3/31
売上日:4/10

税込み(切上)
仕入値:105円(税:5円)
売値:130円(税:10円)

支払消費税
10-5=5円

<獲得キャッシュフロー>
130-105-5=20円

事例2
仕入日:4/1
売上日:4/10

税込み(切上)
仕入値:108円(税:8円)
売値:130円(税:10円)

支払消費税
10-8=2円

<獲得キャッシュフロー>
130-108-2=20円

●結論
事例1と事例2の最終的な獲得キャッシュフローを
見てもらうと分かる通り、
増税前の3月に仕入れを行おうと、
増税後の4月に仕入れを行おうと、
最終的な結果に変わりはありません。

よって、
消費増税のみを考えて、
駆け込み仕入を行う事は、
理論的には意味がありません。

ただし、
消費税は今年の分を集計して、
実際の支払いは来年になるので、
最終的な獲得キャッシュフローが
同じになるにしても、
時間価値の考え方を持ち込めば、
駆け込み需要をした方がお得という事になります。

さらに、
消費税は基本的に2年間の免税期間があります。
http://tax-complete.jp/tax/632/

よって、そもそも今年課税対象でなければ、
消費税の安い増税前に仕入れを行った方が、
得になります。

いずれにしても、
転売ビジネスにおいても、
消費税という観点で考えると、
駆け込み仕入れを行う事には一定の
効果があるので、
儲かる商品をどんどん仕入れてしまいましょう!

以上、
「消費税8%になる前の駆け込み仕入れの効果」
の話でした。

消費税に限らず、
税金(社会保険も含む)は今後も
どんどん上がっていくと思います。

今回の確定申告で、
自分の支払税金額に驚いた人も多いかと思います。

このような事に対する
我々ができる措置としては、
サラリーマンであっても、
自分でビジネスを持ち、
出来るだけ節税を行う事。

及び、
ビジネスの底上げを常に図り、
収入アップを図る事に尽きると思います。

今年ももうすぐ3ヶ月が過ぎようとしていますが、
最低でも昨年以上の結果をビジネスで出せるよう、
頑張っていきましょう!

関連記事

ページ上部へ戻る